40歳既婚会社役員の愛人掲示板体験

友人にやたらと女の羽振りが良い奴がいた。
彼は全然イケメンではないし、不思議に思ったおれは、お前なんでいつもそんなに女をとっかえひっかえしてるんだ?と聞いたことがあった。
彼から返ってきた答えは、 「愛人掲示板を使っているんですよ」 だった。
「え、つまり?愛人?」 「そうです。
愛人掲示板で愛人募集をかけて、愛人契約を交わすんです。
僕は飽きっぽいので契約は1ヶ月程度ですけどね。
愛人のプロフェッショナルみたいなもんですよ」 確かに、愛人もお金をもらって尽くしているのであればプロフェッショナルなのかもしれない。
おれも情でつながっているような古いタイプの愛人像には全く魅かれなかったので、愛人のプロフェッショナルという言葉がやたらと頭に残った。
そして、友人に連絡し、使っている愛人掲示板を教えてもらった。
おれも愛人を見つけるぞ、そう意気込んで愛人掲示板を始めたものの、成果は意外なほどあっさりと上がってきた。
こちらが条件を書いて掲示板に募集したところ、何件か応募があったのだ。
おいおい、こんなに簡単でいいのかよと思いつつ、なんだか新入社員の面接のような面持ちで応募してきた子を吟味した。
応募は3件あった。
その中から1人を選ぼう。
何度か彼女らに質問を行い、そして1人を選んだ。
おれは友人のように1ヶ月契約はしない。
そのかわり、普通の勤務条件のように試用期間を3ヶ月とした。
それ以降はどちらかが契約解除を言わない限り自動更新される仕組みだ。
これでおれも愛人持ちになったわけだ。